スポンサードリンク

ブルックナー:交響曲第9番ニ短調

1896年10月11日に作曲者が他界したとき、終楽章は未完成のまま残された。
実際の演奏では、実演・録音とも、完成している第1〜第3楽章のみで演奏されることが非常に多い。


1887年夏、ブルックナーは交響曲第8番を完成させた後、この作品の作曲に取り掛かった。
彼はベートーヴェンの『交響曲第9番』と同じ「ニ短調」という調性を選んだことについて、
人々の反応を気にしたものの断固とした決意を持ち、この作品の献辞として、譜面にドイツ語で「愛する神に捧ぐ」(dem lieben Gott)と書いた。
しかしブルックナーはまたもや旧作の改訂に追われ、第9交響曲に集中することができなかった。
この改訂で交響曲第1番や交響曲第8番などに労力を費やしている。


1892年12月に交響曲第8番が初演された後、この曲の作曲に打ち込むことができるようになったが、彼の病状は悪化し続ける。
ようやく1894年11月30日に第3楽章を完成させたが、その頃ブルックナーはウィーン大学の講義において、この作品が未完成に終わった場合には自作のテ・デウムを演奏するように示唆した。


1896年10月11日、最後の日の午前までブルックナーは第4楽章の作曲に携わったが、午後3時過ぎに息を引き取り、結局全曲を完成させることはできなかった。
未完成に終わった第4楽章の自筆楽譜は、ソナタ形式の再現部の第3主題部でペンが止まっている。
初演は1903年にフェルディナント・レーヴェの指揮によりウィーンで行われた。


楽器編成
フルート3
オーボエ3
クラリネット3
ファゴット3
ホルン8(第5〜第8ホルンはワーグナーチューバと持ち替え)
トランペット3
トロンボーン3
バス・チューバ1
ティンパニ1
弦五部

ブルックナー:交響曲第8番ハ短調

ブルックナー作曲の交響曲第8番は、演奏時間にして80分を越す長大な曲であり、後期ロマン派音楽の代表作に挙げられる。
1887年完成(第1稿)。
1889年3月4日から5月8日にかけて第3楽章から改訂され、続いて第4楽章の改訂が年7月31日まで行われ、さらに第2楽章スケルツォが改訂され、
そして第1楽章、1890年3月10日に改訂は終了した。
これが「1890年・第2稿」であり、現在の演奏はほとんどこの稿を採用している。


楽器編成
フルート3
オーボエ3
クラリネット3
ファゴット3
ホルン8(5〜8番ホルンはワーグナーチューバ持替え)
トランペット3
トロンボーン3
バス・チューバ1
ティンパニ
シンバル
トライアングル
ハープできれば3人
弦五部

ブルックナー:交響曲第7番ホ長調

1883年9月5日に全4楽章が完成した。
初演以来好評を博しており、彼の交響曲の中でも最も人気が高い曲のひとつである。


第2楽章のクライマックス部分を書いた頃、1883年2月13日にブルックナーが最も敬愛してきたリヒャルト・ワーグナーが死去した。
ブルックナーは“ワーグナーの死を予感しながら”第2楽章を書き進めてきたが、その悲しみの中でコーダが書き進められ、第184小節以下をワーグナーのための「葬送音楽」と呼んだ。


1884年12月30日、アルトゥル・ニキシュ指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団によりライプツィヒ歌劇場で初演された。
この曲の初演が大成功を見たことにより、ブルックナーは生きている間に交響曲作曲家としての本格的な名声を得ることができた。
その後、指揮者ヘルマン・レヴィの推薦より1885年12月、バイエルン国王ルートヴィヒ2世に献呈された。


楽器編成
フルート2
オーボエ2
クラリネット2
ファゴット2
ホルン4
トランペット3
トロンボーン3
ワグナーチューバ4)
チューバ
ティンパニ
シンバル
トライアングル
弦五部
(ただしハース版ではシンバル・トライアングルは使われない。)

交響曲第5番変ロ長調

1875年から1878年にかけて作曲。
初演は1894年4月8日グラーツにおいてフランツ・シャルクの指揮で行われた。


金管楽器によるコラールの頻出やフーガをはじめとした厳格な対位法的手法が目立つ。
作曲者自身はこの交響曲を「対位法的」交響曲あるいは「幻想風」交響曲と呼んでいたという。
構築性とフィナーレの力強さにおいて、交響曲第8番と並び立つ傑作という評価もある。


楽器編成
フルート2
オーボエ2
クラリネット2
ファゴット2
ホルン4
トランペット3
トロンボーン3
バス・チューバ
ティンパニ
弦五部

交響曲第4番変ホ長調『ロマンティック』

1874年に第1稿が完成した。
「ロマンティック」という表題があり、曲想も第1楽章のホルンの主題始め美しいメロディと活き活きとしたリズムに満ち、またブルックナーの作品としては演奏時間も長すぎないため、人気のある交響曲である。


1880年、第4楽章を大幅に修正。
この時点で完成されたものが第2稿と称している。
その後1887年から1888年にかけて、弟子たちがブルックナー監修のもと改訂を施した(第3稿、または1888年稿)。


楽器編成
フルート2
オーボエ2
クラリネット2
ファゴット2
ホルン4
トランペット3
トロンボーン3
チューバ1(1874年稿では使用されない)
ティンパニ
シンバル(1888年稿のみ)
弦5部

交響曲第3番ニ短調

1873年に最初の稿が完成された交響曲。
「ワーグナー交響曲」の愛称も付けられている。
1872年に着手し、1873年に初稿(第1稿または1873年稿)が完成した。


1873年ブルックナーはワーグナーと面会し、交響曲第3番の献呈を持ちかけ、ワーグナーも快諾した。


1875年、ヘルベック指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団によって初演(初稿)が計画されたが、リハーサルでオーケストラが「演奏不可能」と判断し、初演は見送られる。


1876年にブルックナーはこの曲の大幅改訂を試み、1877年に完成した(第2稿)。


同じ1877年、ブルックナー自身がウィーン・フィルを指揮して、この曲は初演された。
しかしこの初演は、オーケストラ奏者も観衆もこの曲に理解を示さず、
演奏会終了時にほとんど客が残っていなかったという逸話を残している
(とはいえ、残っていた数少ない客の中に、若き日のグスタフ・マーラーもあったのは、興味深い事実である)。
この初演の失敗により、ブルックナーはその後約1年間、作曲活動から遠ざかった。


1878年、この曲が出版されることとなり、それにあわせて一部修正を行った。
1888年、再度この曲は大幅改訂され、1889年に完成した(第3稿)。
交響曲第8番の改訂と同じ時期である。
この稿は1890年に、ハンス・リヒター指揮ウィーン・フィルによって初演された。
この第3稿での初演は成功を収めた。


楽器編成
フルート2
オーボエ2
クラリネット2
ファゴット2
ホルン4
トランペット3
トロンボーン3
ティンパニ
弦五部

ブルックナーの生涯

ブルックナーは1824年9月4日にオルガン奏者を父としてオーストリアのアンスフェルデンで生まれる。
ジーモン・ゼヒターに和声法と対位法を、オットー・キッツラーに管弦楽法を学ぶ。


1863年ごろからR・ワーグナーに傾倒、研究するようになる。
同年へ単調交響曲完成。
1866年、ウィーンで聴いたベートーヴェンの交響曲第9番に強い影響を受ける。
同年交響曲第1番ハ短調完成
1868年には、ゼヒターの後任としてウィーン音楽大学の教授に就任。
1869年交響曲第0番完成。
1872年交響曲第2番ハ短調完成。
1873年にワーグナーと会見する機会を得る。
この際にワーグナーに交響曲第3番ニ短調を献呈。
しかしこの行動は反ワーグナー派の批評家エドゥアルト・ハンスリックから敵対視され、執拗な批判を浴びせられ続けることになる。
1874年交響曲第4番変ホ長調完成。
1876年交響曲第5番変ロ長調を作曲。
同年第1回バイロイト音楽祭に出席、ニーベルングの指環の初演を聴く。
このときに今までの自らの作品を大幅に改訂することを決意し、いわゆる第1次改訂の波が起こる。
このときに交響曲第1〜5番全てが大幅な改訂を受ける。
その頃、若きマーラーがウィーン大学でブルックナーの聴講に訪れている。
1881年交響曲第6番イ長調。
1883年交響曲第7番ホ長調。
1884年からは交響曲第8番ハ短調の作曲に従事する。
1887年に一旦完成し、「芸術上の父」と尊敬していた指揮者ヘルマン・レーヴィに見せるが、彼からは否定的な返事が返ってくる。
弟子達もこの作品を理解できず、ブルックナーは激しく落胆し再び自らの作品を改訂する。
いわゆる第2次改訂の波である。
これにより交響曲1,2,3,4,8番が改訂される。
1896年10月11日、交響曲第9番ニ短調を未完で残し、ブルックナーはウィーンで72年の生涯を閉じる。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。