スポンサードリンク

交響曲第10番嬰ヘ長調

1910年に作曲を開始したが、翌1911年、マーラーの死によって完成させることができなかった。


マーラーの遺稿は5楽章からなり、第3楽章を中心とする対称的な構成として構想されている。
スケルツォ楽章を中心とする5楽章構成はマーラーが好んで用いているが、第10番では第3楽章に「プルガトリオ(煉獄)」と題する短い曲を置き、これを挟む第2楽章と第4楽章にスケルツォ的な音楽が配置されている。


第1楽章は交響曲第9番につづいて緩徐楽章だが、速度はさらに遅く、形式感は薄れてソナタ形式の痕跡はほとんど認められない。


純器楽編成によるが、第3楽章「プルガトリオ」で自作の歌曲集『少年の魔法の角笛』から第5曲「この世の生活」が引用されている。
これを始めとして、第9番や『大地の歌』などを想起させる楽句が随所に現れる。


調性的には交響曲第9番からさらに不確定な印象を与え、無調に迫る部分が見られる。
極度の不協和音が用いられており、第1楽章で1オクターブ12音階中の9音が同時に鳴らされ、トランペットのA音の叫びだけが残るという劇的な部分は、トーン・クラスターに近い手法である。


演奏時間は第1楽章のみの場合約25分。補筆全曲版の場合約85分。



交響曲第9番ニ長調

交響曲第8番、『大地の歌』とつづいた声楽・歌曲との融合から、マーラーはこの曲では再び純器楽路線に立ち戻っている。
4楽章構成、第1楽章がソナタ形式に従って書かれているなど、古典的な交響曲としての要素を持つ。


その一方で、両端楽章にテンポの遅い音楽を配置し、調性的には、第1楽章はニ長調であるが、第1主題が常にこの調と結びついていて、展開部などでも移調されないこと、最終楽章がこれより半音低い変ニ長調で書かれているなど、伝統的なスタイルからの逸脱も多い。


この曲は、なんらの標題も用いられていないにもかかわらず、全曲が「別れ」や「死」のテーマによって貫かれていることが印象づけられる。
その理由として、終楽章の最後の小節に、マーラー自身がersterbend(死に絶えるように)と書き込んでいることがある。


また、この曲でマーラーは、過去の自作、他作から多くの引用をしており、これらが過去の追想や別離の気分を高めている。
引用は、これまでのマーラー作品でも部分的に見られたものであるが、
第9番では、それが体系的といえるほど多用されている。
引用の手法も単純でなく、ひとつの素材が変形されるなかで、引用された音楽との間で多様な連関を想起させるものとなっており、同じ進行の繰り返しを徹底的に避けるマーラーの作曲技法とひとつに重なっている。
この引用を含めて技法的には、これまでの諸作品の集大成であることを
超えて、新たな境地を開こうとする意欲が認められる。


多くの場合、音楽とテーマの普遍性、独自性、書法の大胆さ、表現の崇高さなどにおいて第9番はマーラーの最高傑作と見なされている。


演奏時間約85分。


楽器編成
ピッコロ
フルート 4
オーボエ 4(コーラングレ持替え有)
ソプラニーノクラリネット
クラリネット 3
バスクラリネット
ファゴット 4(コントラファゴット持替え有)
ホルン 4
トランペット 3
トロンボーン 3
チューバ
ティンパニ 2人 (6個)
バスドラム
スネアドラム
トライアングル
シンバル
銅鑼
グロッケンシュピール
鐘 3
ハープ
弦五部

大地の歌

1908年に作曲


「大地の歌」というメインタイトルに続き、副題として「テノールとアルト(またはバリトン)とオーケストラのための交響曲」とあり、通常マーラーが9番目に作曲した交響曲として位置づけられるが、連作歌曲としての性格も併せ持っており、「交響曲」と「管弦楽伴奏による連作歌曲」とを融合させたような作品であるといえる。
このため、交響曲としてはかなり破格の存在であり、「9番目の交響曲」であるという点も影響してか、マーラーは「第○番」といった番号を与えなかった。


後にこの作品に影響を受けて、ツェムリンスキーの「抒情交響曲」や、ショスタコーヴィチの交響曲第14番「死者の歌」が生まれている。


6楽章からなり、テノールとアルト(またはバリトン)が交互に
独唱をつとめる。


歌詞は、李白らによる唐詩に基づき、ドイツの詩人・翻訳家のハンス・ベートゲが自由に翻訳・編集した詩集『中国の笛』から7編の詩を選び、これをマーラー自身が適宜改変したものによっている。


こうしたもとで作曲された『大地の歌』は、前作交響曲第8番までの、音楽の多声的かつ重層的な展開によって獲得していた多義性は影を
潜め、これに代わって、色彩的で甘美、かつ耽美的な表現が全面に打ち出されている。


マーラーの作曲活動は、交響曲と歌曲が大きな柱となっているが、
『大地の歌』はこの両者が融合された傑作として、マーラー作品のなかでは親しみやすい交響曲第1番、第4番とともに、早くから受容されてきた。
同時に、この曲から聴き取れる東洋的な無常観、厭世観、別離の気分は、つづく交響曲第9番とともに、マーラーの生涯や人間像を、決定的に印象づけるものとなっている。


演奏時間約60分。


楽器編成
アルトまたはバリトン独唱
テノール独唱
ピッコロ
フルート 3
オーボエ 3 (コーラングレ持替え有)
クラリネット 3
ソプラニーノクラリネット
バスクラリネット
ファゴット 3 (コントラファゴット持替え有)
ホルン 4
トランペット 3
トロンボーン 3
テューバ
ティンパニ
バスドラム
タンブリン
シンバル
トライアングル
銅鑼
グロッケンシュピール
ハープ 2
マンドリン
チェレスタ
弦五部

交響曲第8番変ホ長調

1906年完成



マーラーの「ウィーン時代」の最後の作品であり、
同時にマーラー自身が初演し耳にすることのできた最後の作品。


第8番の編成は、交響曲第7番までつづいた純器楽から転換し、
大規模な管弦楽に加えて8人の独唱者および複数の合唱団を要する、
巨大なオラトリオあるいはカンタータのような作品となっている。


構成的には従来の楽章制を廃した2部構成をとり、
第1部では中世マインツの大司教フラバヌス・マウルス
(776?〜856)作といわれるラテン語賛歌
「来たれ、創造主たる聖霊よ」、第2部では、ゲーテの戯曲
『ファウスト』の第2部終末部分に基づいた歌詞が採られている。


音楽的には、音階組織としての調性音楽からは逸脱していないが、
大がかりな編成、極端な音域・音量、テキストの扱いなどに表現主義の
特質が指摘されている。


楽器編成
フルート 4
ピッコロ複数
オーボエ 4
コーラングレ
ソプラニーノクラリネット複数
クラリネット3
バスクラリネット
ファゴット 4
コントラファゴット
ホルン 8
トランペット 4
トロンボーン 4
チューバ
※バンダ:トランペット 4 (第1は複数)、トロンボーン 3
ティンパニ 3台
バスドラム
シンバル 3
タムタム
トライアングル
鐘(低音) 2
グロッケンシュピール
チェレスタ
ピアノ
オルガン
ハルモニウム
ハープ 2
マンドリン 複数
弦五部
合唱
各独唱

交響曲第7番ホ短調

1905年に完成


初演は1908年9月19日、プラハにて、マーラーの指揮、
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏。


交響曲第6番のハンマーの代わりに、ギターやマンドリン、
テノールホルンなどが使用されている。
全曲を通じてホルンが重視されており、よく目立つ。
奏法的に多彩なことも特徴で、音色・響きの工夫が凝らされ、
劇性よりもむしろ室内楽的な配慮が見られる。


副題は「夜の歌」だが、全体的な表題ではなく
第2楽章、及び第4楽章の表題と見ることができる。


楽器編成
ピッコロ
フルート 4(ピッコロ持替え有)
オーボエ 3
イングリッシュホルン
ソプラニーノクラリネット
クラリネット 3
バスクラリネット
ファゴット 3
コントラファゴット
テナーホルン
ホルン 4
トランペット 3
トロンボーン 3
チューバ
ティンパニ
大太鼓
小太鼓
タンブリン
シンバル
トライアングル
銅鑼
ルーテ(むち)
グロッケンシュピール
カウベル
低音の鐘
ハープ 2
ギター
マンドリン
弦五部

交響曲第6番イ短調

1904年に完成。


大編成の管弦楽を用いながらオーケストレーションは精緻であり、古典的な4楽章構成をとるが、その内容は大規模に拡大されていて、当時のマーラーの旺盛な創作力を物語っている。
同時に、緊密な構成のうちにきわめて劇的な性格が盛り込まれており、純器楽的様式と、歌詞や標題とは直接結びつかない悲劇性の融合という点でも、マーラーの創作のひとつの頂点をなしている。


管弦楽の扱いでは、管楽器と打楽器の拡大が目立つ。
ひとつはカウベル(ヘルデングロッケン)であり、第1楽章、第3楽章、第4楽章で安息・平和あるいは現実逃避的な世界の表象として遠近感を伴って鳴らされる。
もう一つは教会の鐘を模した低音のベルである。
ベルは第4楽章に登場する。
3つめはハンマーである。ハンマーは第4楽章で使用され、音楽的な転回点で「運命の打撃」の象徴として打たれる。


演奏時間約80分。


楽器編成
ピッコロ
フルート 4(ピッコロ持替え有)
オーボエ 4(コーラングレ持替え 有)
コーラングレ
クラリネット 4(ソプラニーノクラリネット持替え 有)
バスクラリネット
ファゴット 4
コントラファゴット
ホルン 8
トランペット 6
トロンボーン 4
チューバ
ティンパニ 2人
グロッケンシュピール
カウベル
むち
低音の鐘(ティーフェス・グロッケンゲロイデ、複数)
ルーテ
ハンマー
シロフォン
シンバル
トライアングル
大太鼓
小太鼓
銅鑼
そりの鈴
ウッドクラッパー(振るとかたかた音の出る木のおもちゃ)
ハープ 2
チェレスタ
弦五部

交響曲第5番嬰ハ短調

1902年完成。


ハープと弦楽器による第4楽章アダージェットは、ルキノ・ヴィスコンティ監督による映画『ベニスに死す』(トーマス・マン原作)で使われ、ブームの火付け役を果たしただけでなく、マーラーの音楽の代名詞的存在ともなっている。


第2番から第4番までの3作が「角笛交響曲」と呼ばれ、声楽入りであるのに対し、第5番、第6番、第7番の3作は声楽を含まない純器楽のための交響曲群となっている。


演奏時間約70分。


楽器構成
フルート 4(ピッコロ持替有 )
オーボエ 3(コーラングレ持替有)
クラリネット 3
(バスクラリネット及びソプラニーノクラリネット持替有)
ファゴット 2
コントラファゴット 1(一部ファゴット3に持ち替え)
ホルン 6
トランペット 4
トロンボーン 3
チューバ
ティンパニ
グロッケンシュピール
シンバル
大太鼓
小太鼓
銅鑼
トライアングル
ホルツクラッパー
ハープ
弦五部

マーラー:交響曲第4番ト長調

1900年に完成。


第4楽章で声楽としてソプラノ独唱を導入している。


歌詞に『少年の魔法の角笛』を用いていることから、同様の歌詞を持つ交響曲第2番、交響曲第3番とともに、「角笛三部作」として括られることがある。


「大いなる喜び(歓び)への賛歌」という標題で呼ばれることがあるが、マーラー自身がこのような標題を付けたことはない。
第4楽章の「天上の喜び」を歌った歌詞内容が誤ってこのように呼ばれ、さらに全曲の標題として誤用されたと考えられる。


演奏時間約54分。


楽器編成
フルート 4 (ピッコロ持ち替え有)
オーボエ 3 (コーラングレ持ち替え有)
クラリネット 3
(ソプラニーノクラリネット・バスクラリネット持ち替え有)
ファゴット 3 (コントラファゴット持ち替え有)
ホルン 4
トランペット 3
ティンパニ
バスドラム
トライアングル
そりの鈴
グロッケンシュピール
シンバル
銅鑼
ハープ
弦五部
ソプラノ独唱

マーラー:交響曲第3番ニ短調

1895年から1896年にかけて作曲された。


全6楽章からなり、第4楽章にアルト独唱、第5楽章にアルト独唱と児童合唱、女声合唱を導入している。


交響曲の副題として「夏の交響曲」あるいは「夏の朝の夢」などとするものも一部にある。


もともと7楽章構成で構想されたが、最後の楽章は分離されて交響曲第4番の第4楽章となった。
このため、第3交響曲の第5楽章と第4交響曲の第4楽章には同じ旋律素材が見られるなど、ふたつの作品には音楽的に関連がある。


演奏時間は約100分。


楽器編成
フルート4(ピッコロに持替4)
オーボエ4(4番はイングリッシュホルン持替)
クラリネット3(3番はバスクラリネット持替)
ソプラニーノクラリネット2(2番はクラリネットに持替)
ファゴット4(4番はコントラファゴットに持替)
ホルン8
ポストホルン
トランペット4
トロンボーン4
チューバ
ティンパニ2(各3台)
大太鼓
小太鼓
軍隊用小太鼓
シンバル付き大太鼓
タンブリン
シンバル
トライアングル
タムタム
グロッケンシュピール
調律された鐘4ないし6
ハープ2
弦五部
アルト独唱
児童合唱
女声合唱

マーラー:交響曲第2番ハ短調「復活」

「復活」という標題が付されるのが一般的。


これは、第5楽章で歌われるフリードリヒ・クロプシュトックの歌詞による賛歌「復活」(マーラー加筆)からとられたものだが、マーラーがこの標題を正式に用いたことはない。


1888年から1894年にかけて作曲された。


オルガンや舞台外の楽隊を含む大編成の管弦楽に加え、第4楽章と第5楽章に声楽を導入している。


第4楽章では、マーラーが1892年に完成した歌曲集『子供の不思議な角笛』の歌詞を採用している。


続く交響曲第3番、交響曲第4番も同歌曲集の歌詞を使っていることから、総称して「角笛3部作」とも言われる。


演奏時間は約80分。


楽器編成
フルート4(ピッコロ持替4)
オーボエ4(イングリッシュホルン持替2)
ソプラニーノクラリネット2
クラリネット3(バスクラリネット持替1)
ファゴット4(コントラファゴット持替2)
ホルン10(そのうち舞台外に4)
トランペット6 (舞台外に4)
トロンボーン4
チューバ1
ティンパニ2(8台)(舞台外に1台)
シンバル2 ( 舞台外に1)
タムタム2
大太鼓
小太鼓1以上の複数
グロッケンシュピール

ルーテ(むち)
ハープ 台
オルガン
弦五部
ソプラノ独唱
アルト独唱
混声合唱

マーラー:交響曲第1番ニ長調「巨人」

グスタフ・マーラーが作曲した最初の交響曲。


マーラーの交響曲のなかでは、演奏機会や録音がもっとも多い。


1884年から1888年にかけて作曲される。


『巨人』という標題は、マーラーの愛読書であったジャン・パウルの小説『巨人』(Titan)に由来する。


交響曲第1番作曲中に歌曲集『さすらう若者の歌』(1885年完成)が生み出されており、同歌曲集の第2曲と第4曲の旋律が交響曲の主題に直接用いられているなど、両者は精神的にも音楽的にも密接な関係がある。


演奏時間は約55分。


楽器編成
フルート4(3、4番はピッコロに持ち替え)
オーボエ4(3番はイングリッシュホルン持ち替え)
クラリネット4(4番はE♭管持替,3番クラリネットはバスクラ持替)
ファゴット3(3番はコントラファゴット持替)
ホルン7
トランペット4
トロンボーン3
バスチューバ1
(ホルンを補強する5番トランペット、4番トロンボーンを加えることがある)
ティンパニ2
バスドラム
シンバル
トライアングル
タムタム
ハープ
弦五部

マーラーの主な略歴

グスタフ・マーラー


1860年7月7日生まれ。
父ベルンハルト・マーラーと母マリー・ヘルマンの第2子として、オーストリア領ボヘミアのイーグラウ(現チェコのイフラヴァ)近郊のカリシュト村(現チェコのカリシュチェ)に出生。


1870年 10歳でイーグラウ市での最初のピアノ独奏会を行う


1875年 15歳の時ウィーン楽友協会音楽院に入学


1878年 18歳で作曲賞を受け音楽院卒業


1883年 カッセル王立劇場の副指揮者となる


1885年 『さすらう若者の歌』を完成


1886年 26歳でライプツィヒ市立劇場で副指揮者となる
この年『子供の不思議な角笛』作曲


1888年 『交響曲第1番ニ長調「巨人」』完成
ブダペスト王立歌劇場の芸術監督となる


1891年 31歳の時ハンブルク市立劇場の正指揮者となる


1896年 『交響曲第2番ハ短調「復活」』『交響曲第3番ニ短調』を書く


1897年 ウィーン宮廷歌劇場指揮者に任命され、10月に芸術監督となる


1898年 38歳でウィーン・フィルハーモニーの指揮者となる


1899年 『交響曲第4番ト長調』に着手


1902年 42歳でアルマ・シントラー(23歳)と結婚


1907年 『交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」』完成


1908年 『大地の歌』を仕上げる


1909年 49歳でニューヨーク・フィルハーモニックの指揮者となる


1910年 ミュンヘンで『交響曲第8番《千人の交響曲》』を自らの指揮で初演


1911年 5月18日、51歳の誕生日の6週間前に敗血症のため息を引き取る

タグ:マーラー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。